ブログトップ

火曜日、休薬開け。
朝一外来です。
今日は3番目でした
d0355146_22390115.jpg

採血して、採尿して、血圧測定して、検温して。。。
診察始まるまで時間かかるので、皮膚科にも回ってきました。
1月に手足症候群で、足裏に水泡ができて歩けなくなって以来
月一で皮膚科受診です。

あれ以降、足の皮膚が弱くなり今履いているメレルのメンズサイズの靴に
中敷きしいて、冬用もこもこの靴下をはかないと、すぐに靴擦れを起こし
前のようなひどい水泡ができてしまうので、まだ当分違う靴が履けません。。。
夏になったら蒸れちゃいそう。。。
同じメレルで、ツイードのくつがあったら、それにしてみようかな。。。
頭皮も前のピリピリ感はなくなって、落ち着いてきました。
髪が抜け始めの頃は髪が抵抗していたのか?すごくピリピリして痛かったから
薬を処方してもらってました。
これからも月一の皮膚科受診が続きます。
皮膚科の女医先生は、とてもサバサバしていて話しやすくていい先生です。
苗の日作ったバンドウイッグを見せたら
「へぇ~!!これ医療用?こんなのあるんだ~!」と感嘆してましたww

で、いよいよ診察。
妹と母親が来てくれました。
二週間ぶりの近況報告。
先週の胃カメラで喉を傷つけてしまい、右扁桃腺が痛かった。。。
熱がないから問題ないだろうとのこと。
で胃カメラの結果。
最後に内視鏡してから半年、あの頃は何度検査しても
絶食してからの内視鏡でも、胃の中に残留物が残ってた。
今回は、前日だけ絶食に関わらず、胃の中に残留物がなく
綺麗に消化されている様子。
ダミーの腫瘍らしきものと、潰瘍はあったけど、そこからはがん細胞は
なかったと。本体のがんはもっと壁の奥のほうに潜んでいるけれど
今のところ薬が効いているとのこと。

検査前、胃の張り感と背中の痛み、変なげっぷがあったのは
なんだったのか?
でもとりあえず順調とのことで、予定通りバクサン
サイサンの4クール目が始まりました。
3時間半くらいかなぁ。
この薬になってから、すぐ眠くなって治療中爆睡ww
看護師さんに「気持ちよさそうに寝てましたね」て言われたww
いびきかいてなったかなw

看護師さんからの話。。。
パクリタキセルとサイラムザの治療で副作用の症状が蓄積されると聞きました。
手のしびれとか。。。
これからどんどんひどくなるのかな。
いまの治療に入ってから、毛が抜けたり血圧が高くなったりしたけど
それ以外はすごく楽で、家のこととか仕事とか、普通にできている。
この調子がいつまでも続くといいな。長く使えますように。。。


[PR]
by hiroshin163 | 2017-04-26 22:58 | 闘病記 | Trackback | Comments(0)

夏用ウィッグとカレー

これから、暑い夏に向けてウィッグをどうしようかというのが
最近の悩みでした。
もともと汗っかきだから、仕事の時はウィッグを付けずに
ニット帽子だけをかぶって表に出ていましたが
これからニット帽は見た目にも暑そう。。。
そこで、前回お世話になった医療用ウイッグのサロン
ベリー&ローズさんに相談することにしました。
月曜日の朝いちばん10時に予約して、浅草は駒形へ。。。
普通のマンションの一室になります。

カウンセリングルームで、代表の方と相談をして
前に作ったウィックのカットと、夏用にバンド式のウィッグを
買うことに。
バンド式とは。。。ヘアバンドに髪が縫い付けてあり
てっぺん部分に被り物がないので、風通しがよく暑苦しくありません
d0355146_22135694.jpg
d0355146_22134846.jpg
d0355146_22132796.jpg
これだと、好きな帽子が使えるからいいかなぁと。
オール人毛で少し長さを切ってもらいました。
ここの代表の方、とっても親身に相談に乗って頂いて
今までのウイッグについても、商売っけなしにしてインナーキャップ
かぶらず、中にキッチンペーパーを入れて直接かぶる方法を伝授して頂きました。
それなら、絶壁の私の頭でも途中でずれることはなく、汗の心配もありません。
相談しに来てよかった。
ウイッグのカット代と、バンドウイッグの価格合わせて
12000円弱お手頃ですね♪

そのあと、理容学校時代の友人と神保町で待ち合わせ。
スープカレーが食べたいとのことで、カレーの町神保町へ。
中でもスープカレーが評判の鴻~オオトリ~さんへお邪魔しました。
古民家風のたたずまいで、中も雰囲気抜群w
お勧めはハンバーグカレーとのことでしたが、
私はシンプルにビーフカレーを注文。
具だくさんでお肉も沢山入ってました。


d0355146_22273175.jpg
しっかりしたスパイスの効いたスープはパンチがありながら
濃があり、食欲がそそりました。
一応気を使って1辛にしましたが、それでも標準の「辛口」より少し辛いくらい。
友人は3辛食べてましたが、「2辛でよかったかも~」て言ってましたww
美味しかった\(^o^)/
お隣は神田神保町でも有名な老舗カレーのお店「エチオピア」さんです。

カレーのあと、神田明神に行きたいというので歩いて神田明神へ。
昔、正月に競馬用に勝ち守買いに来たなぁ。。。w
そのあと後楽園まで散歩がてら歩いて、買い物していきました。
久しぶりの友人と散歩しながら沢山話ができました。

いい休日でした♪




[PR]
by hiroshin163 | 2017-04-26 22:35 | 闘病記 | Trackback | Comments(0)

久々胃カメラ

4月19日。
昨年9月以来の内視鏡検査をしました。
今まで内視鏡検査するたびに、胃の残留物があり
前もって3日絶食したり5日絶食したりしてたけど
今回は普通に絶食なく決行。

検査前の血圧が146/102と高めでした^^;
緊張してたのかなw
その後点滴入れるのに、一度失敗されw
血管出づらいのです、私の腕^^;
看護師さんに「眠くなりますね」と言われたのに
相変わらず最後までしっかりモニター見てたし。
やっぱり前からあった腫瘍と腫瘍の真ん中にある
潰瘍はそのままありましたね。
そこから細胞取ってましたが、毎回出ないんですよね。
果たして、結果はいかに?
来週の火曜日の外来でわかるかな?
幸い今回は胃の残留物はあまりなかったみたいです。
ちゃんと消化してるみたいで良かったw

今回の検査の先生は初めての先生で、ちょっとぶっきら棒な
感じだったけど、検査前にずっと今までの私のデータ画像を
みて下準備?研究?してまして、
終わった後きちんと説明してくれました。
「腫瘍はありますが、前の画像と比べてもさほど
変わらないようです詳細は今日細胞取ったので、
外来で聞いてください」
とのこと。
丁寧な先生でした。
30分くらい休憩室で休んでから帰りました。
鎮静剤打ってるから、車系はだめって言われてるんだけど・・・
途中まで自転車で来てて。。。
乗って帰っちゃったwww全くシラフでしたけど。

さて今週は休薬でしたが、また来週から抗がん剤パクさんサイさんの
4クール目が始まります!!
この薬が効いてくれて、長く使えますように。。。
がんばります!!


[PR]
by hiroshin163 | 2017-04-21 20:12 | 闘病記 | Trackback | Comments(0)

お祝いその2

そして。。。
開店50周年サプライズパーティーの準備が本格的に始まりました。
妹夫婦が「お姉ちゃんに協力するよ」と言ってくれたので心強かった。
今までの従業員で一番忙しそうな人に相談して空けられそうな日を押さえてもらい
3月20日に決定。ほかの元従業員たちに招待状を出し。
会場はできれば地元を使いたかったので、地元フレンチ。
スクアール・ビストロさんにお願いしました。
ここのお店のシェフファミリーとは、新潟の同郷で
家族ぐるみのお付き合いがあります。
ここのシェフとお嫁ちゃんにお願いして、当日本番まで両親に内緒に
してもらえるよう、お願いしました笑

そして、当日何か催し物を考えていて。。。
基本何十年ぶりに会う人も多いので、みんなでワイワイ話すのが
多いとは思ったのですが、その話ネタになるようにと、
店の今までの写真をまとめてフォトムービーを作ることに。
今までの写真をまずかき集める事、整理して、選んで、パソコンに取り込んで
編集して。。。こればかりは私しかできないので^^;
結構な大変な作業でした。今は便利なフォトムービーソフトがあるので
本番前の1週間は仕事後、一人店に残って遅くまで作業が続きました。
がんばった甲斐があり、自分でもいいものが作れたと思います。

そして、本番当日。。。
両親には「明日はランチにいくよ」とだけ話してあり、どこに行くかは内緒で。
私と妹夫婦は、最終打ち合わせと、この日のために用意したプロジェクターの
チェックと、皆さんに持って帰ってもらうお土産の添えるメッセージを書いたり。
ギリギリまでじたばたww
待ち合わせ前に、うちのヘアサロンに本日出席してくださる面々が集合。
ぞろぞろと会場に向かいました。皆さんに席についてもらい、
プロジェクターのセッティングして、準備完了!!
みんなに「入ってきてびっくりさせましょう」ということで。。。
皆さんには、両親が入ってきても無反応で、他のお客様のように
振る舞ってもらうように、気づいてびっくり!の作戦をお願いいたしました。
私と、妹の旦那さんはカメラを持ってスタンバイ!!

そして本番開始!!
遅れて、妹に連れてこられた両親。。。
母が先に店に入って。。。キョロキョロ。
自分の座るべき席を探しているうちに。。。見覚えのある懐かしい顔を発見!!
北海道に嫁いだはずの、弓ちゃんの顔を見つけ「なんで弓ちゃんがいるの?!」
周りの顔を見てさらにびっくり!! みんな懐かしい顔!!号泣www
父もびっくりして、涙ぐんでました。。。
ドッキリ大成功\(^o^)/


d0355146_15054699.jpg
しばらく「なんで?」「どうしたの?」を繰り返していた母ww
食事が出てくるとみんな美味しく食べ始め♪


d0355146_14271855.jpg


d0355146_14274974.jpg


d0355146_14281982.jpg


d0355146_14284884.jpg

d0355146_14291899.jpg
ビストロさん、安定の美味しさ♡

そして、フォトムービーをみんなで見る。

d0355146_14500563.jpg
笑いあり、涙あり。。。
なぜかビストロのオーナーシェフも参加ww
皆さんに大変好評でした\(^o^)/

その後、花束を頂いたり
d0355146_14501074.jpg


d0355146_15140342.jpg
久しぶりに、両親の幸せそうな顔を見ることができました。
正直、元従業員の中には誤解や、行き違いで疎遠になってしまっていた
人もいました。
今回の準備をするのに、招待状を送る前から連絡のつく人には
メールやLINEなどで連絡を取り合い、仲介してもらったりして
長いブランクの中で、両親に会いたい、久しぶりにみんなで集まりたいと
思ってくれていることが分かりました。
だから、今回のささやかなパーティーではありましたが、二次会を含めて
非常に温かく、素敵な時間になりました。

今後、もど従業員たちが、気軽にうちに来てくれるようになったら
両親のこれからの時間がより豊かに、楽しいものになってくれるように
それが、今回私が企画した最大の目的であり、希望です。

d0355146_14501460.jpg
今回北海道の函館からはるばるこの日のために
駆けつけてくれた弓ちゃん。
両親への何よりのサプライズになりました。

d0355146_15260198.jpg
みんなで、記念写真


後はクラス会企画しまーす。















[PR]
by hiroshin163 | 2017-04-20 15:27 | 食べる | Trackback | Comments(0)

お祝い

病気が判ってから、「これだけはやり遂げたい」と思うことを考えた。
その時はまだ、自分の命がどれくらいなのか漠然と1年~3年くらいだろうって
勝手に決めつけていたから。東京オリンピックまでは持たないだろうって。
だからそれまでに、これだけはやっときたい事。二つ。

「店の開店50周年と両親の結婚50周年記念祝いをする」
「小学校時代の同窓会をする」

今年は店が開店してから2月21日で50年を迎えました。
12月は両親の金婚式です。
両親が自分で、お祝い会しようと言い出すことはないと思ったので
私がサプライズで企画しようと企画しました。

2月21日は、妹夫婦が家族だけでお祝い会しようと、席を設けてくれました。
神田神保町の「森のブッチャーズ」さんというステーキハウス。
妹夫婦が、自分たちの結婚記念に使ってよかったからと。
しかも「お姉ちゃん、肉食べたいでしょ」ですとww
で!!肉がすごかった。。。
闘病中、食が進まない方にこんな画像酷ですが。。。すいませんm(__)m

 
d0355146_17261835.jpg



  
d0355146_17261839.jpg





d0355146_17261827.jpg


d0355146_17261896.jpg


d0355146_17261875.jpg


d0355146_17261930.jpg


それぞれ一人前じゃないですw 全部お店の方が人数分で切り分けてくれます。
それにしても結構なボリュームですが、私ペロッといただきました。
とても胃がん患者とは思えない食べっぷりです。
変な話ですが、もともと便秘気味な私、お肉食べると便秘が解消するんです。
なので、堂々と食べますw

それでこの日のために両親にプレゼントを用意しました。
同じ理容師仲間の友人に「筆文字pop」の講師をしているのと
パステルアートをしている人がいて、二人の合作で、3人で相談しあって
パステル筆文字アートを描いてもらいました。
d0355146_10512695.jpg
とっても喜んでもらえました\(^o^)/

d0355146_10512990.jpg
家族写真

なかなか記念すべき一年になりました。。。

お祝いその2に続く










[PR]
by hiroshin163 | 2017-04-20 14:36 | 食べる | Trackback | Comments(2)

4月11日の外来にて

現在、毎週火曜日が外来治療日。
3週治療して1週休み。今は3クール目が終わって一週休みに入るところです。
11日の外来にて。
毎回8時には病院について、腫瘍センターで受付。
採血、尿検査、血圧、検温をして、診察を待ちます。
9時前後くらいに診察室に呼ばれ、採血の結果を見て
化学療法ができるかどうかチェックします。

この日は、いつもと変わらぬように、9時過ぎに呼ばれて
妹と診察室に入りました。
先生「調子はどう?」
おやびん「ちょっと胃が張ります~」
先生「え~、どうしたかなぁ?」
と言いながら採血結果をチェック。。。
先生「あれ?肝機能が・・・」助手の先生に「まだ出てない?」
「おやびん、肝機能の数値が再検査になってるから、もうちょっと待ってて。
なんだろう、こういうときってあんまりよくないんだよね。。。」
と言いながら
いったん廊下で待機となりました。。。

私と妹は、なんだなんだ?肝機能? 最近飲み会続いたからなぁ。
やっぱり禁酒にしとけばよかったかな。。。なんてドギマギして再度
呼ばれるのを待ちました。。。

10分後。。。
先生「お待たせしました~、ごめんごめん!なんでもなかった!
ただ遅れてただけだった!こういうときって、悪くなってること多いから
脅かしちゃったね、すいません、すいませんm(__)m」
思いっきり平謝りwwwそこまで謝らなくてもww

ただ、最近お腹の張りが強くて痛みもあると話したら
すごく言いにくそうに「おやびん、内視鏡検査。。。やりたくないよね?やだよね?」
おやびん「え?大丈夫ですよ?お願いします」
先生「いいの?!」
なんでそんなに遠慮がち?ww
「だって、もう何度もやってるから嫌だと思って・・・」
おやびん「笑 逆逆!もう何度もやってるから、慣れちゃってるし
ここの先生方は内視鏡上手だから辛くないもの。大丈夫ですよ。
で、今度は何日絶食します?」
先生「そうなのか~、慣れたのかww いや、絶食しないで普通にやります」

って言ってたけど~、また胃の中にパンパンに詰まって消化してないと思うな。
前の日自主的に一日絶食してから受けよう。

いや~、先生にビビらされた一日だった。。。



[PR]
by hiroshin163 | 2017-04-15 22:32 | 闘病記 | Trackback | Comments(0)

私の家族

今更ですが、おやび家族を紹介します。

おやびん1970年生まれの46歳 未婚
理容師歴26年 現在両親と理容店を営んでおります。

d0355146_21405513.jpg
イラスト さとうかおり

とにかくじっとしていない性格。あちこち頼まれると断れないので
結局休みの日は、休めず何かしら動かされている。
毎年新年初頭の目標が「今年こそ、休みは休む」爆
趣味多数、カメラ、自転車、料理、読書、大人のぬりえ、他

父、見た目温厚、中身頑固オヤヂ。意外と気が小さい。
  おやびんと同じカメラが趣味だが、最近足と腰が痛くて
  なかなか撮影に行けない
母、超ウルトラ天然マイペース。いつも家族を翻弄。
   自分では気づいていないw趣味はカラオケ。
  得意料理はのっべ汁、煮物。
妹、旅行関係のお仕事してます。とにかく性格まっすぐ。時々融通が利かない。
  家族思い。SHINeeが大好き。
妹の旦那さん、妹と高校の同級生。とにかく温厚。優しい。ちょっと打たれ弱いw
   高校時代は野球部のキャプテン。
   今でも会社仲間と草野球を楽しんでいます。

こんな家族です。
私が病気になってから、妹を中心にとても支えになってくれています。
妹は私の外来の日には、できるだけ休みを合わせて付き添ってくれたり
ライブに誘ってくれたり、時には厳しく私の愚痴も聞いてくれます。
妹の旦那さんは、私の病気が分かったとき私の両親に付き添って
フォローしてくれたり、私には「お姉ちゃんはどうしてほしい?
お姉ちゃんに合わせるよ」と言ってくれて、それ以降陰ながらすごくサポート
してくれています。本当の弟のような存在です。

両親のことは。。。一番の親不孝をしてしまっている。
一番の私の気がかりなことです。
ただでさえ、娘として結婚もせず孫の顔も見せてやれなかった。
そのうえ、こんな病気にかかってしまって。
本来なら、親の老後を見るつもりでヘルパーの資格も取ったし
もし親が仕事を引退した後のことも考えていたけど、すべて
私中心の生活になってしまった。本当に申し訳ない気持ちで一杯。

なってしまったものは仕方がない。
できる限り、治療頑張って一日でも元気に長く過ごせるように。
できるならば、親より先に逝くような最大の親不孝はしたくないなぁ。
正直、病気になってから全く落ち込んでなくて、不思議なくらい。
実感がないのかも。あまりにあっけらかんとしすぎてて、周りから
「本当にこの人病人?」て思われてるw

そうそうこの調子。
辛い顔、苦しい顔は見せたくない。ずっと馬鹿みたいに笑って過ごすよ!!
そこんとこ、よろしく!! 笑



[PR]
by hiroshin163 | 2017-04-15 22:07 | 闘病記 | Trackback | Comments(0)

がん患者会の懇親会

主治医のH先生に紹介していただき入会したスキルス胃がんの患者会に入会したのが
がん告知を受けてからひと月位経った頃。
希望の会
理事長の轟さんは、最初にご挨拶のメールを送らせて頂いたとき
「何か不安なことや心配なことがあったらいつでも連絡くださいね」
と携帯番号を教えていただきました。

轟さんはご主人がスキルス胃がんで亡くなられていて
患者側の立場から、世間にスキルス胃がんを知ってもらう活動をされています。
知っているようで、知らないことの多いスキルス胃がん。
「スキルス」と聞いただけで=死と直結されがちですが
今は医療もずいぶん進み、沢山の薬や副作用を抑える薬も発達して
治療しながら通常生活されている方も多くいます。
「希望の会」は最近NPO法人として、正式に認められました。
私はこの会に入会した理由が、世の中に広がる情報の多さとお金儲けに走る粗悪な情報が
多すぎて、どれが正しくてどれがインチキなのかわからなくなりかけてました。
先生に相談したら、こちらを紹介されたのでした。最新の医療情報や、抗がん剤のこと
副作用のこと、注意事項などそれ以降、何か悩むことがあると
こちらのサイトでチェックしたりしてます。

で昨年末に初めて会の懇親会に参加してみました。
前もって外来の時に主治医に「今度の希望の会の懇親会に出席することにしました」と
話すと、なんと!!
主治医「え?そうなの?僕も参加することになってるんだけど。僕人見知りだからなぁ」
私「え?そうなんですか?私も初対面は苦手ですけど・・・」
主治医「じゃあ、二人で隅っこのほうでおとなしくしてましょうか」
な~んて言ってたのに!!笑
私が遅れて会場入りしましたら、先生はすでに女性陣に囲まれて盛り上がっていましたよ?ww

受け持ちの患者が近くにいたら、話しずらいと思って離れたところで
違う方々と話していました。
この日の懇親会は、カラオケボックス?のパーティールームみたいなところで
結構な人数でした。患者本人さんや、遺族の方、会の理事の方々・・・。
みなさん、自分の自己紹介やら経歴やら、話されてましたね。
私も自己紹介とかして、今の状態とか話してました。
大体スキルス胃がんの会なんで、同じような経過をたどっている
人ばかりだと思っていたんですけど、なんだかちょっと希望のある話も聞けたりして。

私は見つかった段階で「手術はできません。抗がん剤で行きます。完治はしません」と
言われていますが、この会の中では同じようなスキルスで腹膜播種があっても
抗がん剤治療のあと、手術して8年も元気に頑張っていらっしゃる方も
結構いて、すごくびっくりしました。
それと同時に手術して胃を取った後のダンピングの話とか。
リアルな話が聞けてすごく参考になりました。
いい話ばかりじゃなくて、食が細くなってどうしていいやら。。。っていう人もいたし。
この日は、主治医のほかに宮崎からO医師も参加されていて、
私の主治医の元同僚だったらしいのですが、とても話の面白い先生で
「H先生の患者さん?H先生の攻略法教えてあげるよ」とか
「世の中の粗悪ながんの本が多いから読むなら僕の本読みなさい」とか
弾丸トークでしたねw

その頃には、私はだいぶ食生活がガッツリ系になってまして。。。
特に便秘の時。ステーキとか肉類を食べると便秘が解消されることを発見w
O先生に「便秘の時肉をガッツリ食べると治るんです。変ですか?」と相談。
するとO先生「胃がんの患者さんでそれだけ食べられることはいいことだよ。
肉は良質のタンパク質だしね。食べられてるならそのままでもいいよ
」と。

他の患者さんとも色々お話が聞けましたが、同じ病気でも経過は本当に様々。
特に参考になったのは抗がん剤の種類によっての副作用の出方。
私はほかの人に比べると、副作用の出方が弱いみたいで。
食べられない人とか、腸閉塞起こした方とか、体重が増えないと悩む人とか。。。
ほとんどの人が、胃の切除手術受けた人ばかりでしたけど。。。
これからの抗がん剤治療の心構えみたいなものが見えたかなぁ。

一次会が終わる頃、女性陣から解放された先生を捕獲w
おやびん「先生、人見知りじゃないじゃないですかww」
H先生「いや~!!関西のひとのツッコミ激しいですねぇ^^;
ボケとツッコミすごい求められるんですよ。いや~、まいった^^;」
ってww
ニコニコしてましたけどねw
で、とあるミッションにより先生に質問
おやびん「先生は普段お米とか普通に食べますか?」
先生「僕?ご飯も食べるし、ラーメン大好きでよく食べるし」
へぇ~、意外ww
先生「今日はお酒飲んだ?」
おやびん「飲みましたよ。先生からお許し出てるしwwビールとワイン」
先生「そっか、僕飲んでいいって言ったもんね」

この会の前に先生からアルコールOKの許可はいただいておりますw
ただ、種類は報告しまたが量までは言ってません(爆)
瓶ビール1本と赤ワインデキャンタ1本空けてますw
最後に皆さんで記念撮影してお開きとなりました。

後日の診察日にて
おやびん「先日はお疲れさまでした。楽しんでいらっしゃいましたね 笑」
先生「いや~、関西のひとのパワーすごいね。ボケたらツッコミを要求されて。。。
トラウマになりかけて、あれからしばらく落ち込んでた」

おやびん「爆笑」

おやびん「ところで先生、懇親会の席で私と同じスキルスでステージ4で、抗がん剤治療のあと
手術で全摘して8年たっても元気にされている方が結構いらっしゃいましたけど、もしも
私も抗がん剤が効いた場合、手術する可能性はあるのでしょうか?」
と質問してみました。
先生の答え
「おやびんさんの場合、手術は今のところ考えていません。
胃があることで今しっかり食べられているし胃を取ってしまったら、
食が細くなって体力も落ちてかえって寿命を縮めてしまう可能性も。
もしかしたら手術・・・という可能性も
なくはないけど、今のところ考えはありません」
とのことでした。

今はまだ抗がん剤が功をそうしているから聞いてないけど・・・
今後どれだけ生きられるのかな。頑張れるだけ頑張る。




[PR]
by hiroshin163 | 2017-04-14 17:09 | 闘病記 | Trackback | Comments(0)

2月から始まった抗がん剤のセカンド治療、パクリタキセルとサイラムザのダブル投与について。

ファーストの5FUがもっと長く使えると思っていたので、こんなに早くセカンドになるとは
予想外でしたし、直前のCT検査でも順調だと太鼓判を押されていたので
本当にびっくりで、がんの怖さを改めて知りました。
このままどんどん効く薬がなくなっていく怖さです。

5FUでの副作用、肝機能の悪化は比較的すぐに解消しましたが
手足症候群については、いまだ影響が残っています。
なので予防のために、やわらかめの少し大きめの靴に、もこもこの厚手の靴下を履いて
足裏にかかる負担を軽減させています。それでも時々靴擦れになりそうな感覚があり
足裏のケアは欠かせません。

パクリタキセル&サイラムザになってからは、一番の副作用が脱毛ですが。
今はウイッグとニット帽でカバーしていますが
これからの夏場の季節をどうするか今から悩みどころ。

この抗がん剤になってから一番の違いは、吐き気が極端に減ったこと。
5FUの時は常にムカムカしてて、悪阻のようでした。
それが現在は、吐き気が少なくとても体調的には楽です。
変化があったとすれば、血圧が一時的に高くなったこと。
もともと血圧は高いほうではありませんでした。110~120/65~75位。
それが一気に150~165/90~110まで上がりまして^^;
それとともに、全身的な浮腫みがでて、顔がパンパン( ゚Д゚)
足のすねを押すと、あとが付いたまま戻らない^^;
そこで主治医H先生は、利尿剤で様子を見ることに。
それと、「自分用に血圧計を買って毎日測りなさい」と言い渡されまして
それ以降下記のような、専用ノートをアマゾンで見つけて毎日、血圧、体温、体重を付けています。
あとはお通じの数とか、体調の変化など。


d0355146_17245670.jpg
利尿剤が効いたのか、浮腫みと高血圧は10日ほどで落ち着いて
体重が。。。この間で6キロくらい減りましたww
浮腫みの体重だったのかなww

パクさんサイさいさん(我が家ではパクリタキセル&サイラムザのことをこう呼んでおります)
の2クール目に入ってから、お腹の張りが強くなり、背中の痛みが出るようになってきました。
それと先週(2クールの抗がん剤)の投与の次の日から微熱が出て5日ほど37度台があり、
ほてりがありました。それも週末には収まりましたが。。。なんだったんだ?
でも取り合えす、お腹の張りと痛みが気になるので、4月19日に胃カメラ検査を久々することに。

主治医は私が胃カメラを嫌がってるだろうと思っていたようで
すごく遠慮がちに「やっていいかな?嫌だよね?」とお伺い状態ww
まぁこの一年で胃カメラ7回は飲んでるからねぇ^^;
だからというかなんというか。。。慣れたw
怖くもないし、「こんなもんでしょ」て感じで、主治医には「全然平気、慣れたもんです」と
返答し、先生苦笑いww
この病院に来てからは、内視鏡上手だから検査中吐くこともないし苦しいこともない。
残留物があったとしても、先生方も内視鏡専門医ばかりなので慌てることなく
対応してくれるから、受ける側も安心です。

後は、口内炎ができやすいとのことでしたが。。。
時々口内炎らしきものができたり、のどの奥が痛くなったりしてますが
うがい薬の「アズノール」を使うと、すぐに収まります。
あと歯磨きすると、出血半端ないです。これも抗がん剤の副作用らしいです。
主治医から、「口腔ケア外来」を勧められ同じ腫瘍センター内のこの外来も受けるように
なりました。2週間に1度くらい。経過観察だけですけど。

なので今は、腫瘍センターの消化器内科と、口腔ケア外来と、皮膚科にかかっています、



[PR]
by hiroshin163 | 2017-04-12 16:28 | 闘病記 | Trackback | Comments(0)

医療用ウィッグ

思いのほか早い段階で(2クール)で最初の抗がん剤5FUが、使えなくなったので
次の段階の抗がん剤パクリタクセル&サイラムザ
(我が家ではパクさんとサイさんと呼んでいる)に変更となり、かつらを考えることになった。
脱毛が始まるのが3~4週間後とのこと。
私はがんが発覚した段階で、こうなることは覚悟していたので、
あらかじめ年明けに長かった髪を肩くらいまで切ってました

d0355146_11405926.jpg
ビフォー

d0355146_11335197.jpg
アフターw




最初に探しに行ったのは理美容関係の問屋マスダマス。
ここでおしゃれウイッグが売っていたから。
医療用ウィッグは何十万円もすると聞いていたから、
とりあえず間に合わせにどうかと、見に行ったのですが
実際3万円前後くらいで、おしゃれ用ウイッグとして売られていましたが
やはり実際の医療用ウィッグを見たことかなかったから
ひとまずちゃんとした医療用ウィッグを見てみようということになりました。

d0355146_11471367.jpg
店内で妹とウイッグで遊ぶw

世の中医療用ウイッグ専門店というのは色々あるわけでそんな中
迷うことなく選んだのはここ。
Berry&Rozeさん
なぜここなのかと言いますと数年前に、美容師の友人が癌で亡くなったのですが
その友人が生前自身でも脱毛した経験があり
病院だと卸から患者さんまでに仲介する業者が多く高額になるから
美容室が最短ルートで卸してもらって患者さんに提供できればいいのに
」と
探していて見つけたサロンがVerry&Rozeさん。
早速サロンにアポを取り、訪問の予約をしました。
サロンは浅草駒形橋の近くの普通のマンションの一室にありました。
マンションの一室ですが中は、清潔感がありいくつかの部屋に仕切られていて
カウンセリングルームや施術室事務室?のような感じになっていました。
まずは問診から始まり、どんな種類があるのか、いくつかサンプルを出していただき
試着してみました。その中からオール人毛のノーカットのウィッグを好みの長さに
カットするってことで話がまとまりました。
ショートにするのはいつでもできるから、とりあえずセミロングくらいで。
よくできたウイッグで、人毛だから毛がサラサラ艶々。つむじや分け目も自然で
カットも私の頭に合わせて、相談してから外して専属美容師さんがテキパキとカット。
もみあげや、襟足も耳にかけたときや結わいた時に違和感ないようにおくれ毛を
作り自然な感じに仕上がりました。とってもいい感じ。
私も理容師をしていますが、このサロンに来て思ったのは、ウィッグは専門の技術が
いるんだなぁと思いました。普通に人間の髪を切るのとはコツというのか、
特別な技量が必要だと思いました。残念ながらその技術を間近で見ることは
できませんでしたが、ぜひ見てみたいと思いました。
お値段はウイッグ本体と、カット代込みで78000円くらい。
ネットで見た他の医療ウィッグの価格とは半額位違うし、
技術も接客もとても行き届いています。メンテナンスもここでできるそうですが
自分でもウィッグを洗ったりできるそうで教えてもらいました。
これからは暑い季節になるので、ショートを考えていますが
フルウィッグではなくて、帽子用ウィックを買おうかなぁと検討中。
ここを見つけてくれた、亡き友人が残してくれた置き土産だと思って
このお店と友人との出会いに感謝したいと思います。



[PR]
by hiroshin163 | 2017-04-12 12:51 | 闘病記 | Trackback | Comments(0)