ブログトップ

癌支援センター患者サロンセミナー

昨日は皮膚科の後、午後2時から
患者サロンで癌治療中のリハビリについての
セミナーに参加しました。
参加者は40名超えたそうです
リハビリテーションの先生、理学療法士、作業療法士の
先生方の講義の後、質問コーナーがありました。
d0355146_11262559.jpeg
乳がんでリンパ節切除の質問が多くありましかが、
中には、抗がん剤副作用で悪心で食べられない場合はどうしたらいいか
という、多少論点とずれた質問もありw
回答で経験者の方はいませんか?と
司会者の方と目が合ってしまいwwwマイクを持たされました 爆
「私の場合は、吐き気がしてる時は、ほぼ悪阻の状態で
匂いもダメでした。炊いてるご飯の匂いとか。だからそういう時は
無理に食べなかった。さっぱりしたもの、フルーツゼリーとかヨーグルトとか
よく食べてました。続いても4・5日なんで。そのあとは無性にカレーが
食べたくなりました。松屋とかCoCo壱のカレーをよく食べてました笑
基本、食べたいもの、食べられるもの、食べられるだけ食べています。」
としゃべりましたが、意外にもカレーの件では同じように食べたくなった人が
他にもいて、先生方の笑いを取りましたw

その後個別に先生と話ができるというので、
私は作業療法士の先生に相談してみました。
「抗がん剤の副作用で手の指先だけ感覚が薄かったり
痺れたりがなかなか治らない。
仕事が理容師なので剃刀を持つのが怖い。
自分でできるリハビリはないか。
自分としては100均で買ったブロックで掴む練習をしたりしたけど
未だにものをよく落とします。」

作業療法士「副作用の痺れや感覚を取り戻すのはなかなか時間がかかり難しい
リハビリとしては、目と指先を使って確認しながら触れてみる。
例えば粗さの違う紙やすりを目で確認しながら触って感触を
確かめてみたりを繰り返すリハビリ。力を入れるリハビリは
100均で売ってる洗濯ハサミを使ってリハビリしてみる。。。」
など身近なところでできるリハビリを
教えてもらいました。
私の場合は先端の感覚が鈍いので、感覚を取り戻すリハビリというより
目で指の感覚を覚えさせる的な事ができるんだそうです。
あとは仕事でものを落とさないようにするために
小道具を使ってカスタマイズするとか。
なかなか目からウロコでしたよ?

大変有意義な勉強会になりました♫
写真は二号館最上階からの眺めです

d0355146_11261379.jpeg

人気ブログランキングへ

胃がんランキング

[PR]
トラックバックURL : https://hiro1633.exblog.jp/tb/26565708
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by hiroshin163 | 2018-03-15 13:46 | 闘病記 | Trackback | Comments(0)