人気ブログランキング |

ブログトップ

フォルフォックス中止。4ステージへ

昨日、CT検査があり今日結果を聞きに行きました。妹と。
お臍のしこりは目に見えて大きくなっていたから、今の治療が中止になる覚悟はできていました。
というか、フォルフォックスの46時間点滴は正直めんどくさかったww
それでも劇的にパンパンだった腹水が抜けてくれたのは
この薬のおかげ。

結果お臍の腫瘍が4センチにまで増大してましたwww

d0355146_12491742.jpg

そりぁ、出っ張るわけだわww

それで先生もフォルフォックスはもう効かないので変えましょうと。
で次の候補
・イリノテカン
・オブジーボ
・治験アパチニブorプラセボ
・様子を見る

その中で、先生だったら?
と聞いたら、「オブジーボ」と言われた。
前に先生が「スキルス胃がんにオブジーボは効きにくい」と言っていましたが?
と聞いたところ
先生「そうなんだけど、おやびんの場合、ちょっとタイプの違うスキルスで、お臍に出来た
腫瘍みたいに外に出るタイプなので、もしかしたら効いてくれるかもしれない。
それにオブジーボのあとに使う薬は効きやすいというのがあって、先にオブジーボを
使うのがいいと思う」との返答でした。

先生は「説明書渡すからちよっと勉強して来週からにする?明後日でもいいけど」と。
私は即決で「先生がそうおっしゃるならお任せします。速攻で木曜からお願いします」と。
私の中では治験も、様子を見ることもない。
攻めの一手。治療あるのみ!!
体力の続く限り頑張るしかないのです。

注意事項やもともと持病で甲状腺疾患を持っていて
他院で甲状腺の治療をしていたので、いったん甲状腺の管理も先生に
お任せすることにしました。
帰りに甲状腺の先生に立ち寄って、病状報告と治療の方針について話しました。
そうしましたら、主治医の先生が
「僕ももし治療がオブジーボになったら、甲状腺の管理は腫瘍の先生に
一括して管理してもらったほうがいいと思っていたから、大丈夫だよ。
がんばりなさい」
と言っていただきました。
看護師長や他の看護師さんや受付の人たちも
がんばってね!と応援して見送ってくれました。

もうね頑張るしかないですね。
あとは自己管理、風邪ひかないように、肺炎にならないように。。。
とにかく木曜日から、第4ステージ始まります!!



人気ブログランキングへ

胃がんランキング

by hiroshin163 | 2018-02-06 14:47 | 闘病記