ブログトップ

お見舞い

ここ数年、私の身の周りではがんにかかる人が非常に多く、
亡くなった方も4人、今現在闘病している人もいます。
癌も早期発見なら助かるようになったと言われていても
まだまだ命に関わる病気であることには変わりありません。
しかも今の時代2人に一人が癌になると言われるまでになりました。

そんななか、今私の修業時代の女将さんが重篤だと連絡が入った。
女将さんは3年半前から、私と同じスキルス胃がんで闘病中。
私とは違う経過をたどっているとはいえ、今の様子を娘さんから逐一
報告を受けているので、どんな状態なのかは手に取るようにわかる。
3年前には、私には兄貴分の先輩も同じスキルス胃がんで亡くなる直前まで
毎日のようにお見舞いに行って手や足をさすっていたから。
痛がる様子も、表情や、意識なくても手や足をばたつかせたり、。

女将さんか病気になったと聞いて、初めてお見舞いに行った時、
凄く元気そうな様子に驚いた。
なんでもよく食べて、コロコロとよく笑う人です。
今はあんなに食べるのが好きだったのに、水分を飲み込むこともできず
点滴だけでつないでいる。
そんな様子を、私は正視できるのだろうか。
私が同じ病気になったときから、お互い励ましあってきました。
前の病院で治療がもうできないと言われたと泣きつかれた時
知り合いに頼んで、当時治験でやっていた腹腔内投与ができないか問い合わせをして
なんとか潜り込むことができた。
あれが出来なければ、2か月持たなかっただろろうとのことでした。

でも今、その治療すらも受け付けず、抗がん剤の治療も体力の限界を迎えた。
娘二人が自宅でよく面倒みている様子。
私は時々メールして、様子を伺い祈ることしかできない。
どうか一日でも長く、生きてほしい。

顔を見に行きたい。。。
でもこの頃になると人に会うのも嫌になる。
会いに行ってもいいのか、、、
それに私自身が耐えられるだろうか。。。
いつか私も同じ境遇になるだろうと思う、その様子を
見ていられるだろうか。
月曜日行こうとしたけど、勇気が出なかった。
次の月曜日にはいくといった。

向こうでは娘さんが「おねえちゃん、無理しないでいいよ」って
気遣ってくれている。
行かないで後悔するか、行って後悔するか。。。
悩んだけれど、行かなかったらたぶんずっと悔やむ気がして
今度の月曜日には行こうと思う。
どうかそれまで、一日でも長く生きてくれていますように。。。

あったら。。。言葉なんていらない気がする。
手を握って手や足をさすってあげたい。


人気ブログランキングへ

胃がんランキング

[PR]
トラックバックURL : https://hiro1633.exblog.jp/tb/26403435
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by hiroshin163 | 2018-01-31 13:26 | 闘病記 | Trackback | Comments(0)