ブログトップ

異変?

気持ち悪いと言いながら、しっかり正月も食べて過ごし
1月も半ばに差し掛かったところ、なんだか今まで履いてた靴が合わなくなって
「足が痩せたせいかな?」と思っていて、足の裏が靴擦れを起こしていました。
それと同じくして、背中と胃が微妙に痛い。。。
1クールの最後の抗がん剤が終わって、1週休みの期間に入ろうとしているころで
2月の最初の日曜から2泊で、金沢に家族旅行を計画していました。

様子を見ているうちに、靴擦れがどんどんひどくなり
足裏に4か所の水泡が。
背中も痛くて、もらっていたコカールでは、効かず。
持っていたホルタレン座薬を使っていいか、
近所に住むO先生に問い合わせをしました。
すると「使っても大丈夫だけど、我慢しないで病院に行きなさい」と
アドバイスいただきました。
で、月曜日。
毎週月曜に北大宮まで、鍼灸に通っていたんですが、
医院に入るなり、先生が「なんだ?具合悪い?身体黄色いよ?黄疸じゃない?」
といわれ。自分では自覚なし。
先生は「とりあえず肝機能の鍼と灸しとくね」と言われ。
うちに帰るも、背中痛くて夜眠れず。

H先生の外来がある火木曜日に、予約外で受診。
先生もびっくりして、「そんなに辛いなら入院する?とりあえず採血の結果、
ちょっと黄疸がある。ビルビリンの数値が高いな。でも入院するほどでもないか」
と、痛み止めを強めにして帰されました。
で、来週旅行の話をしたら。。。
「この状態だとかわいそうだけど、旅行はあきらめて」と。
妹たちと休みを調整して、やっと実現できそうだったのに。。。

で、傷心のままうちに帰り、一晩過ごすも痛み止め効かず。
だるさと食欲不振と足裏の痛みがひどくなり。
皮膚科に行って、足を見てもらう。すると「こんなになるまで。。。」と絶句され
自分が癌で抗がん剤治療していると話すと「応急処置」してくれて

d0355146_16392283.jpg


これは大学病院でちゃんと診てもらってください。紹介状を出します。
慶応でいいですか?
と言われ、慶応の皮膚科に紹介状を出してもらいました。

翌火曜日。
やはり痛みで不安になり、またまた予約外でH先生の外来に駆け込みました。
すると、「入院しようか」といわれ、私もそのほうが安心なのでお願いしました。
その前にCT撮ってきてと言われ、その日緊急でCT撮って、その日のうちに結果出る。
先生「緊急で入院予約入れておくけど、今混んでていつ呼ばれるかわからない。
だから来週木曜日外来入れとくね」と言われ。痛み止めをモルヒネ系にしてもらった。
で、
早く入院の連絡が来ますように。。。と願いながら入院手続きをして帰りました。


そしたらですね。。。モルヒネが効いたのか、痛みが引きまして^^;
辛いのが徐々におさまり、食欲も出まして次の外来の時までにはだいぶ良くなっちゃったw
それでも入院の準備して、外来に行ったんですよ。
そしたら、「ビルビリンの数値が戻ってる。入院しなくて大丈夫だ」と。

私ね、こんな病人ですけど、色々忙しいんですよ。
今回のすったもんだで、旅行は中止になるし、予定していたスケジュールすべて
「入院することになったんで。。。」とすべてキャンセルしてて。。。
これで入院しなかったら「入院するする詐欺」じゃん!!
で、先生に「入院。。。したほうが安心なんですけど」と
軽く訴えてみたんですけどw

先生「入院したいの? 今入院してもやることないよ。自宅で養生してて
しばらく仕事休んでね」
と。。。
仕方なく。。。facebookに、関係各所に謝罪文を載せました。。。
皆さん「まぁ、入院しないで済んだならよかったじゃん」と温かいお言葉を
頂きました。

で、今回の騒動の原因なんですけど主治医に足裏の話をして
見せたら、これは手足症候群だ!!
ということで、すぐに皮膚科に回されたんですけど。
水ぶくれができるほど悪化しているということで、これは明らかに
抗がん剤5FUの副作用であり、この抗がん剤が使えないということだそうで。
ビルビリンの数値が挙がって黄疸が出たのも、5FUが効かなくなった為とのこと。

本来なら2週空けるのですが、今回は間髪開けずに次の抗がん剤を
使いましょうとのこと。翌週の火曜日から始まるとのこと。
次の抗がん剤がパクリタキセルサイラムザ併用するとのこと。
最大の副作用に毛が抜けるということ。
これに関しては、私もこの病気が判明した段階で覚悟していたので
特にショックを受けることなく。背中半分まであった髪は、
あらかじめ今年に入って40センチくらい切っておいた。
大体治療初めて3週後くらいからだと。

私があっさり「わかりました~ヅラ作っときます~」と答えたので
先生拍子抜けしてましたけど^^;
そんな感じで、抗がん剤第二ステージ始まります!!







[PR]
by hiroshin163 | 2017-04-05 20:17 | 闘病記