ブログトップ

入院6 腹腔鏡検査手術

手術前、外科に行って説明を受けたり鎖骨下に入れるポートの話があったり
麻酔科の話があったりちょっとバタバタした。
前に腹腔鏡手術を受けたとき、術後の痛みで苦労したので
麻酔科の先生には、痛みのコントロールを切実にお願いした。
硬膜外麻酔を入れてもらうことを確認していたのに。。。

手術当日。
さほど緊張することもなく、ストレッチャーに乗せられて
手術室へ。両親と妹がついていてくれた。
父は居場所がなく、詰所の前の談話室で私が出るのを待っていた。
4階の手術室準備室につき、ストレッチャーを乗り換え頭にキャップを付けて
いよいよ手術室へ。。。
するとそこには、アッキーが術着を着て待機していた。
「おやびんさん、私ついてますから。」って。
ちょっとうれしかった。
一見不愛想っぽいあっきーだけど、いつも何かあるとすぐ来てくれる若い先生。
でも本当は笑顔がチャーミングで、優しいのを知っているよ。
そのあとすぐに麻酔がかけられて、意識とぶw

目が覚めたのは夜9時過ぎ位?
看護師さんがちょいちょい点滴やら血圧やら見に来てくれた。
痛かったけど、昔ほどじゃない。
翌日気づいたんですが、痛みをコントロールしてくれるはずの
硬膜外麻酔がつけられていなかった!!話がちがーう!
朝目が覚めたら、外科の先生が来てくれた。
「無事に終わりましたよ。組織取れましたから、結果まってくださいね。
痛みとかどうですか?」と。
なんと今回の検査オペ、外科の結構上の先生がやってくれたそうで、
あとから聞いた話だと「へぇ~T先生がやってくれたんだ、意外~、すごいね~」だって。
これもO先生つながりだから?ww

で、手術の話を誰も話してくれないんですけど。。。
傷のあと見ると切開あと3つしかなくて、あれ?卵巣は?と疑問に思ってました。
すると義弟が「あれ?聞いてないの?卵巣取らなかったんだよ」と、
この言葉で、私の中でおおよその覚悟というか、病名が確定していました。
病理検査が出たのは5日後、また家族が招集されました。。。

[PR]
トラックバックURL : https://hiro1633.exblog.jp/tb/23946322
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by hiroshin163 | 2017-03-10 15:47 | 闘病記 | Trackback | Comments(0)