ブログトップ

入院その2

入院当日は雨。
5日の予定でしたが、内視鏡検査だけのつもりだったので
暇つぶしGoodsを色々用意していたので、スーツケースとでかいバックw
これを持って早朝のラッシュの電車に乗る気力はなしw
家の前からタクシーを拾って2400円くらいで病院到着。

実は13年前、この病院で婦人科の手術で入院したことがあるので
手続きは勝手知ったるものw
しかも案内された部屋が。。。
13年前入院した部屋の真下(爆)9N病棟しかも同じ位置の廊下側のベッドw
建物も設備も前の病院よりは古いけれど、掃除が行き届いていて
気持ちがいい。

早速着替えて看護師さんからの施設と設備の説明を受け、
まもなく病棟主治医の女医のカリンちゃんと助手の女医アッキー登場w
看護師さんも先生もそうだけど、最近の名前は可愛いですね♪
カリンちゃんやら、リナちゃんやら、まなちゃんやら。。。
一番素敵!と思ったのは「可愛」ちゃん。うらやましいくらいですww
しかも、この病院の看護師さんは本当にできる人ばかり。
採血も一発で入れてくれるし。
あとで知ったのですが、採血のできる看護師さんは決まっているのだそうで
しかも2回失敗したら続けてやらない。痛がったり取りづらいときは
主治医が採血をする。。。と決まっているのだそうです。
患者さんにできるだけ苦痛を与えないようにしているのだそうです。
ここでも前の病院とは大違いww

夕方カリンちゃんが来て言いました。
「せっかく一日早く入院できたので、明日内視鏡検査させてください。
超音波内視鏡穿刺吸引ですので、書類にサインお願いします。
それと今夜絶食です」
と。
お~!!早速早い展開!!快く快諾!!心配なのは胃の残留物ですが、
「何とかなると思います」とのことw

翌日病棟からストレッチャーに乗せられて新しい1号館の内視鏡センターへ。
綺麗~♪設備すごーい!いくつもの検査室の部屋がありました。
検査前の準備をして検査室に入るとI先生が一人と助手の先生だけ。
I先生はとても穏やかそうな、優しい笑顔の先生でした。
声掛けをしてもらいながら、検査するも、やはり残留物が結構残っていて
組織は取れたものの悪戦苦闘な様子。でも吐いたり苦しかったりする事は
ありませんでした。
検査後、I先生は頻繁に様子を見に来てくれてこの先生が主治医?と思ったほど。
誤嚥性肺炎を心配してきてくれていたらしい。

翌日主治医カリンちゃんが病室にやってきました。
組織が取れたものの、病気を断定できる組織ではなかったとのこと。
そしてやはり、残留物があるとのことで5日絶食の上、今度の内視鏡は
同じ超音波内視鏡穿刺ですが、より深く患部を切開して組織を取らせてほしいとのこと。
ほかにも色々と検査をさせてもらうとのこと。
望むところです。こうなったら徹底的にやってもらいます。

ちなみに今回の入院前に、健康保険の限度額認定を受けました。
おかげでその後の医療費の負担が軽くなりました。。。

続く




[PR]
トラックバックURL : https://hiro1633.exblog.jp/tb/23945283
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by hiroshin163 | 2017-03-10 12:49 | 闘病記 | Trackback | Comments(0)